キムチのピリ辛焼き春巻きがスタミナ満点

ナースは体力勝負!
食べ物が豊富になんでも手に入る今だからこそ、日々健康的に過ごすためにはよりよい食材を選んで賢い食生活を送りたいものです。最近では、らでぃっしゅぼーやなどの宅配もあって賢い食材選びがとても便利になっています。

 

ピリ辛焼き春巻き

材料2人分

豚もも肉スライス60g, [A :醤油、酒名小さじ1】、キムチ60g、キクラケ(乾物を戻す)10g、ニラ15 g,春巻の皮4枚、ごま油小さじ2

作り方
  1. 豚もも肉スライスを2cm各程度に切I)、【A】で下味をつける。キムチは大きければ、1cm程度のざく切りにする。
  2. キクラゲは水で戻し、石づきを取ってざく切りにする。ニラは根元を切|)落とし、3等分の長さに切り分けた後、4つに分ける。
  3. フライパンにごま油を熱し、豚モモ肉スライスを炒め、次にキクラゲ、キムチを加えて軽く炒める。これを4等分にする。
  4. 春巻の皮を広げ、ニラを載せる。
  5. その上に3の具を載せて、風呂敷を包むようにして包む。包の終わりは、はがれないように、少量の水をつける。
  6. テフロン加工のフライパンで、弱目の中火でややこげ色がつくように焼く。キクラゲの代わりに、他のきのこも合います。スライスチーズなどを挟んでもおいしいです。

 

キムチの効用

キムチ スタミナ ナース

「キムチ」は、白菜に大根の千切り、粉唐辛子、ニンニク、ショウガ、塩辛などを混ぜ合せて漬け込み、発酵させたものです。
白菜はビタミンCを含み、免疫性を高め、風邪を予防します。

 

また、食物繊維が豊富で便秘を改善し、コレステロール値を低下させ、大腸がんの予防に効果があります。
唐辛子に含まれるカプサイシンには、血管を拡張させ、唾液、胃液の分泌を促し、胃酸の働きを活発にするほか、血糖値を下げて糖尿病を防いだり、神経系統を刺激活性化させ、ボケを防止します。

 

ニンニクに含まれるアリシンは、豚肉に含まれるビタミンBiの働きをさらに効果的にし、疲労回復、スタミナアップにつながります。
ことによって乳酸菌が増え、新陳代謝を促し、おなかの調子を整え、栄養価
が増強されます。

キムチのピリ辛焼き春巻きでスタミナをつけるナースの仕事!関連ページ

患者の情報収集は五感を使う
無理な頼みを聞いてもらう